中国商務相:米国の対中貿易赤字、為替相場が原因でない

中国の陳徳銘商務相は、米国の対 中貿易赤字は人民元相場が原因ではないと指摘した。ワシントンで記 者団にコメントした。米側が対中輸出を一部規制したことが赤字を拡 大させたとの認識を示した。

陳商務相は、人民元をめぐる米中間の緊張が続く中で、胡錦濤国 家主席の訪米に同行した。米国の政府当局者や議員らは、元相場が過 小評価されており、それが国内の失業や貿易赤字を招く要因になって いると批判している。米国の対中貿易赤字は昨年8月に過去最高の 280億ドルに達した。

陳商務相など中国当局者らは、同国の経済成長モデルを国内消費 主導型にシフトし、輸入需要の拡大に取り組んでいると説明している。 オバマ政権は19日、中国との450億ドル(約3兆7000億円)相当の 商談成立を発表した。

中国の昨年12月の貿易黒字は131億ドルと、予想を下回り、4月 以来の低い水準にとどまった。19日の上海市場で人民元の対ドル相場 は、ホワイトハウスでの歓迎式典を前に17年ぶりの高値に達した。

-- Editors: Mark McQuillan, Robin Meszoly.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Forsythe in Washington at +86-10-6649-7580 or mforsythe@bloomberg.net; 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mark Silva at +1-202-654-4315 or msilva34@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE