ECB:ユーロ圏のインフレ率、域内各国の差が拡大-月報

欧州中央銀行(ECB)はユーロ 圏のインフレ率について、域内各国間の格差が拡大していると指摘し た。

ECBは20日公表した月報で、「インフレ率の格差は2010年以来、 目立って拡大してきた。主として、一部の国が取った競争力回復、財 政健全化の措置の結果だ」と分析した。

ユーロ圏全体のインフレ率は昨年12月に2.2%となり2年余りで 初めてECBの上限を超えた。ECBは2%弱のインフレ率を目標と している。

ECBはまた、各国が財政赤字の削減目標達成に向けて最大限の 取り組みをすることが必要だと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE