米オーチャード・ブランズ、今週にも事前調整型の破産申請-関係者

米プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社、ゴールデン・ゲート・キャピタル傘下の米衣料 小売会社オーチャード・ブランズは、今週にも破産法に基づく会社更 生手続きの適用を申請する可能性がある。事情に詳しい関係者3人が 明らかにした。

同関係者らが協議は非公開だとして匿名を条件に語ったところに よると、オーチャード・ブランズは身売りを断念し、事前調整型の破 産法適用申請を準備している。先月は、一部の取引業者への支払いが 滞っていた。関係者の1人によると、同社は債権者の過半数と新たな 資金提供を含む合意を結んでいる。

関係者らによると、米資産運用会社アメリカン・キャピタルがオ ーチャード・ブランズの最大の債権者で、額面約4億3000万ドル (約350億円)の融資債権を保有。アメリカン・キャピタルのマロ ン・ウィルカス最高経営責任者(CEO)は昨年11月30日の会議 で、こうした融資について「相当な」評価損をすでに計上しているこ とを明らかにしている。

オーチャード・ブランズは55歳以上を対象とした衣料の販売を 手掛ける。同社とゴールデン・ゲートの代表者はコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE