米ステート・ストリート:10-12月期84%減益、人員削減経費などで

米カストディー(証券管理)銀 行3位のステート・ストリートの昨年10-12月(第4四半期)決算 は、純利益が前年同期比で84%減少した。人員削減の関連経費がか さんだほか、資本強化のためのリスク資産売却と安全資産購入が影響 した。

19日の発表資料によると、純利益は8100万ドル(1株当た り16セント)、前年同期は4億9800万ドル(同1ドル)だった。 営業利益は1株当たり87セント、ブルームバーグがまとめたアナリ スト20人の予想平均(86セント)を上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE