ドイツ:2011年財政赤字はGDP比で約2.5%に、EU基準を達成へ

ドイツのメルケル政権は、今年 の財政赤字水準で欧州連合(EU)の財政規律を達成する見通しで あることを明らかにした。ユーロ圏危機の沈静化に向け、他のEU 加盟国に債務削減の取り組みを促すため、赤字削減をさらに進める 方針も示した。

ドイツ経済技術省は19日発表した半期見通しで、2011年の財 政赤字が対国内総生産(GDP)比で約2.5%に縮小し、EU規定 の上限である3%を下回るとの予想を示した。

メルケル首相率いる与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・ CSU)で金融・経済問題を担当するミヒャエル・マイスター議員 はインタビューで、「EUの安定協定とドイツ憲法が定める『債務抑 制』は財政均衡を目標としている」と指摘し、「先はまだ長い」と述 べた。

メルケル首相はソブリン債危機の根本的原因を取り除くために ユーロ圏全体での歳出抑制の必要性を強調し、国内選挙を控えた党 内と連立パートナーからの減税要求を退けている。同首相は15日、 ドイツの赤字削減は2011年の「最優先課題」だと表明した。

ドイツ政府は今年の経済成長率を2.3%と見込んでいる。2010 年の3.6%を下回るものの、EUの行政執行機関である欧州委員会 が 昨年11月29日に公表したユーロ圏全体の予想は上回る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE