NY原油時間外:上昇、91ドル台後半-米在庫減少続くとの観測で

ニューヨーク原油先物相場は19 日の時間外取引で上昇。米エネルギー省が20日発表する週間統計で原 油在庫が7週連続で減少したとの見方を背景に、買いが優勢となった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は一時、 前日比57セント(0.6%)高の1バレル=91.95ドルを付けた。シン ガポール時間午後4時11分(日本時間同5時11分)は91.70ドルで 推移。前日の取引は16セント安の91.38ドルと、11日以来の安値で 引けた。過去1年では16%上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE