中国の米企業:事業環境改善せず、一部では悪化-米商工会議所調査

中国における米企業の事業環境は 改善されておらず、一部では悪化していることが、上海の米国商工会 議所が実施したアンケート調査で分かった。

19日公表された同会議所の「チャイナ・ビジネス・リポート」に よると、中国の米企業のほぼ3分の2が、規制をめぐる環境について、 過去1年で「変化なし、または悪化した」と回答。中国の知的所有権 順守状況についても、計71%の企業が「変化なし、または悪化」と答 え、2009年の同61%を上回った。

胡錦濤国家主席は今週、米国への公式訪問を前に、国内外の企業 にとって安定かつ透明性の高い環境を整え、海外投資家の懸念に対応 するとの方針を表明した。調査では、48%が「規制環境は中国企業に 有利」と回答した。

中国の米企業のうち2010年に黒字だったのは79%と、09年の 65%を上回った。「今年は対中投資を15%強増やす」と回答した企業 は41%だった。

調査は昨年11-12月、346社を対象に実施された。

--Henry Sanderson. Editors: John Liu, Richard Dobson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Henry Sanderson in Beijing at 86-10-6649-7548 or hsanderson@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Will McSheehy at +65-6212-1140 or wmcsheehy@bloomberg.net

%CNY %USD

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE