欧州企業の社債保証コスト、昨年4月以来の低水準-CDS市場

19日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場で、欧州企業の社債保証コストが昨年4月以 来の低水準となった。ユーロ圏各国の財務相らが危機に陥った国向け の救済基金見直しを示唆したことが背景にある。

JPモルガン・チェースによると、主に高リスク・高利回りの50 銘柄で構成するマークイットiTraxxクロスオーバー指数のスプ レッドは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の402 bpとなった。

欧州の財務相らは、国際通貨基金(IMF)が関与する2013年以 後発足の恒久的な危機対応メカニズムを設立する計画を示唆したほか、 銀行に対するより厳格なストレステスト(健全性審査)の実施を表明 した。

投資適格級の欧州企業125社で構成するマークイットiTrax x欧州指数は、1.5bp低下の103bpとなった。CDSスプレッド1 bpは5年間の債務1000万ユーロに対する年間保証料1000ユーロを 意味する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE