枝野氏:首相と日銀総裁が会談、経済金融情勢で意見交換(Update2)

菅直人首相は19日、官邸で日銀の 白川方明総裁と会談し、経済金融情勢について意見交換した。会談に同 席した枝野幸男官房長官が同日午後の会見で明らかにした。枝野氏は首 相と白川総裁が一般的に意見交換したとした上で、具体的な内容につい ては公表しなかった。首相と白川総裁との会談は昨年11月 10日以来、 2カ月ぶり。

枝野氏は会見で、政府・日銀の関係について「日本銀行との間では これまでも機会をとらえて意見交換を行ってきていると承っている。本 日の会議でも経済金融情勢について一般的な意見交換を行った」と語っ た。ただ、「先ごろ総裁はバーゼルの国際決済銀行(BIS)の会合に 出たということで、そこでの話を含めて経済金融情勢について意見交換 を行ったが、具体的なことについては申し上げるべきではないと思って いる」とも述べ、詳しい内容については公表しなかった。

この後、菅首相は「総裁の方からは海外の様子など、日本も含めた いろいろな金融情勢の話を聞いた。財政、経済、金融、こういったこと について意見交換した」と述べたうえで、今回の会談は首相と日銀総裁 との「定期的協議の一環と理解してもらっていい」との認識を示した。 官邸で記者団に語った。

共同通信によると、白川総裁は会談後、記者団に対し「世界経済全 体の動きをバランス良く説明したいと思った。米国、欧州、新興国はそ れぞれ抱えている問題が違う」と語った。

日銀法改正

一方、枝野氏は与野党の一部にある政府が主導してインフレターゲ ットを設定するための日本銀行法改正論については「そういった意見が あることは認識しているが、現時点で具体的に内閣としてどうこうとい うことを検討している状況ではない」と述べ、政府としては検討してい ないことを明らかにした。

先の内閣改造で就任した藤井裕久官房副長官も昨年8月、ブルーム バーグ・ニュースとのインタビューで「大反対だ。インフレの危険性が あり、お年寄りを直撃し、サラリーマンにも相当影響がある」と言明し ている。

日銀法改正論については、民主党の有志でつくる「デフレから脱却 し景気回復を目指す議員連盟」(デフレ脱却議連)やみんなの党などが 主張している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE