WTO:米が反ダンピングで敗訴-韓国の主張認定、「ゼロイング」不

世界貿易機関(WTO)の紛争処 理小委員会(パネル)は18日、米国がステンレス薄板など韓国製品に 対する輸入関税の算定に用いる「ゼロイング」と呼ばれる方式につい て、課税額の不当な引き上げに当たると認定した。

ゼロイングは一部の市場価格データを除くことによって、米国が 課税額を最大限に高くすることが可能になる。米国は韓国から輸入す る製品が米国内でダンピング(不当廉売)されていないかどうかを調 べるに当たって、この方式を用いてきた。

WTOはこれまでも、ゼロイングが国際貿易ルールに違反すると の判断を示しており、米商務省は算定方式の廃止を提案している。

韓国政府は世界3位の鉄鋼メーカー、ポスコなどの要請を受けて、 2009年11月にWTOに提訴していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE