蘭ASML10-12月:予想上回る利益-通期売上高は過去最高

欧州最大の半導体製造装置メーカ ー、オランダのASMLホールディングの2010年10-12月(第4四 半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。10年通期の売上高 は過去最高を記録した。

同社の19日の発表によると、10年10-12月期の純利益は4億700 万ユーロ(約451億円)と、前年同期の5050万ユーロから増加した。 ブルームバーグがまとめたアナリスト11人の予想平均(3億2580万 ユーロ)を上回る水準。純売上高も15億2000万ユーロと、ブルーム バーグ予想の13億4000万ユーロを上回った。

エリック・モーリス最高経営責任者(CEO)は、発表資料で「過 去最高の売上高、利益、受注を達成し、ASMLの歴史にとって素晴 らしかった年を、第4四半期は力強く締めくくった」と指摘した。

ASMLによると、11年1-3月(第1四半期)の純売上高は約 14億ユーロの見込み。同年通期の売上高は50億ユーロ超になる可能性 があるという。10年通期は45億1000万ユーロだった。

ASMLはまた、10年の配当見通しを1株当たり0.4ユーロとす るとともに、今後2年で10億ユーロ規模の自社株買いを実施する意向 を明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE