キング英中銀総裁に圧力、低金利下のインフレ加速で-議会釈明求める

【記者:Scott Hamilton、Jennifer Ryan】

1月19日(ブルームバーグ):イングランド銀行(英中央銀行)の キング総裁をはじめとする当局者を監視する英議員らは、物価上昇の 加速を懸念しており、中銀がインフレをコントロールする力を失いつ つあるのではないかという不安を取り除いてほしいと望んでいる。

下院財政委員会のメンバーであるジョン・サーソー議員(自由民 主党)は18日にロンドンでインタビューに応じ、物価上昇が「英中銀 にとって現在、信認の維持を確実なものとするために乗り越えなけれ ばならない大きな試練となっている」と発言。「英国がインフレ目標を ひそかに放棄しようとはしていないという確証がほしい」と述べた。

英国のインフレ率は昨年12月に上昇。付加価値税(VAT)引き 上げを受けて今月も加速するとエコノミストらは予想している。英中 銀は2月に最新の四半期インフレ報告を公表し、キング総裁はその後、 財政委に出席する予定だ。インフレ率が中銀が目標とする2%を1年 以上にわたって上回っているにもかかわらず、中銀が政策金利を過去 最低水準に維持している理由の説明を求めて、議員らはキング総裁へ の圧力を強めている。

財政委のメンバーである与党・保守党のマーク・ガルニエ議員は インフレについて、「選挙区民が手紙を送ってきており、これが私にと って大きな懸案事項だ」と説明。「人々が移動を車に頼るロンドン以外 の地域が特に問題だ」と述べた。

18日に発表された昨年12月の消費者物価指数(CPI)は燃料 や食料品の値上がりが響いて、前年同月比3.7%上昇した。前月比で は統計開始以来で最大の1%の上昇を記録した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE