ダイエー株が約半年ぶり下落率、業績改善ペース鈍化で先行き不安

総合スーパー大手、ダイエーの株 価が前日比6.9%安の299円まで急落し、昨年8月26日以来約半年ぶ りの日中下落率を記録した。7日発表の2010年3-11月決算で、損益 改善ペースが鈍化したことが明らかになり、業績先行き不安が根強い。 この日はメリルリンチ日本証券が投資判断を引き下げ、売りが膨らんだ ようだ。

同社の10年3-8月(上半期)の連結営業損益は前年同期より約 33億円改善し、8億1800万円の黒字に転換していた。ただ会社側の決 算資料などによると、直近9-11月の改善幅は前年同期比2億円にと どまった。

メリルリンチ日本証券の青木英彦アナリストは18日付投資家向け リポートで、9-11月は衣料品中心に既存店売上高が厳しかったなど とし、「業績改善ペースが鈍ったことで、赤字体質からの脱却には時間 がかかるとの認識が広まろう」と指摘。株価は当面調査対象企業のなか でアンダーパフォームするだろうとし、目標株価を400円から300円、 投資判断を「買い」から「アンダーパフォーム」へ引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE