【米個別株】アメックス、ゴールドマン、ステート・ストリート

19日の取引で値動きの目立っ た主な銘柄は以下の通り。株価は終値ベース。

アメリカン・エキスプレス(AXP US):2.4%安の45.24ド ル。利用額ベースで最大手のクレジットカード発行会社、米アメリカ ン・エキスプレス(アメックス)の昨年10-12月(第4四半期)の 決算暫定集計値によると、純利益は一部アナリストの予想を下回った。 サービスネットワークの人員削減に絡むコストが影響した。

ゴールドマン・サックス・グループ(GS US):4.7%安の

166.49ドル。米投資銀行ゴールドマン・サックス・グループの 2010年10-12月(第4四半期)決算は、純利益が1株当たり

3.79ドルと、前年同期の8.20ドルから減少した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたアナリスト22人の予想平均でも1株当たり

3.79ドルの利益が見込まれていた。

IBM(IBM US):3.4%高の155.69ドル。コンピュータ ーサービス最大手、米IBMの2010年10-12月(第4四半期) 決算は、1株利益が4.18ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリ スト予想平均4.08ドルを上回った。同社は11年通期の1株利益に ついて、一部項目を除いたベースで少なくとも13ドルになるとの見 通しを示した。

モトローラ・モビリティ・ホールディングス(MMI US):

3.7%高の36.34ドル。MKMパートナーズは、モトローラがスピ ンオフ(分離・独立)したスマートフォン(多機能携帯端末)メーカ ー、モトローラ・モビリティ・ホールディングスについて、「買い」 で投資判断を開始した。

ステート・ストリート(STT US):4.1%安の48ドル。米カ ストディー(証券管理)銀行3位のステート・ストリートの昨年10 -12月(第4四半期)決算は、純利益が前年同期比で84%減少した。 人員削減の関連経費がかさんだほか、資本強化のためのリスク資産売 却と安全資産購入が影響した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE