ドル対ユーロ1カ月ぶり安値-米中首脳会談を警戒、ドル・円82円前半

東京外国為替市場では、ドルが対 ユーロで一段安の展開となり、一時1ユーロ=1.3484ドルと、昨年12 月14日以来、約1カ月ぶりの安値を更新した。この日に米国で予定さ れている米中首脳会談や週内には米住宅関連指標の発表を控えて、ド ル買いに慎重な姿勢が強まった。

ドルは対円で午前に一時1ドル=82円13銭と、今月5日以来、 2週間ぶりの安値を付け、午後も82円台前半で上値の重い展開が継続。 午後3時50分現在は82円28銭付近で取引されている。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマン外国為替部の久保信明バイスプ レジデントは、足元のユーロ上昇について、「良い材料が出ているわけ でもなく、悪い材料で過度に売られてきていた分の反動で買われてい る」と説明。そうした中で、米中首脳会談を控えて、「ドルが全体的に 弱含む展開になっている」としている。

この日は米国のワシントンで米中首脳会談が予定されている。ホ ワイトハウスのギブズ報道官は18日の会見で、「中国は一定の限定的 措置を講じてきた」とした上で、「一段の行動が必要だと確信してい る。こうした意見は米国のみならず世界中の多くの国が共有している」 と語った。

米中首脳会談控え元高進む

また、ガイトナー米財務長官は18日、ラジオとのインタビューで、 中国は人民元が米国で「大きな問題」であることを理解すべきだと述 べ、元相場の一段の上昇が中国の利益であり、中国のインフレの抑制 に貢献するだろうと語っている。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、この日は人 民元が一時1ドル=6.5819元と、公定・市場レートが統合された1993 年末以来の高値を付けている。

クレディ・スイス証券外国為替調査部の深谷幸司チーフ通貨スト ラテジストは「胡錦濤発言」に注意が必要だとし、米国に対する不信 感をにおわすような発言があると、「現実的には難しいが、外貨準備の 投資先のドルからの多様化といったような話で、ドル安の材料にされ る可能性はある」とみている。

18日に米国で発表された11月の対米証券投資統計によると、中 国の米国債保有額は8956億ドルと、前月比から112億ドル減少してい る。

ユーロ主導

18日には、ロシアのクドリン財務相が、モスクワで記者団に対し、 欧州金融安定ファシリティー(EFSF)など欧州の救済基金が発行 する債券について、「発行条件が分からないが、非常に有利なものにな ると考えている」と述べ、「ロシアが関心を持つようなものになること は十分にあり得る」と続けた。

また、スペイン紙パイスがロシアのジューコフ副首相の発言とし て報じたところによると、ロシア政府は2010年にスペインの信用格付 けが引き下げられたことを受けて中止していたスペイン債の購入を再 開する方向で検討しているという。

外為オンライン情報サービス室の佐藤正和顧問は、引き続きユー ロ主導の展開となっており、ロシアが欧州の債券購入に前向きな姿勢 を示したことをきっかけにユーロ買い・ドル売りが進んだ前日の流れ を引き継いでいると説明。その上で、ドル・円相場の方向感が乏しい 中、対ドルでユーロ高基調が続くのであれば、ドル安・円高に圧力が かかりやすくなるとみている。

ただ、佐藤氏は欧州高債務国向けの安全網強化をめぐっては、ド イツを中心とした「一枚岩」にはなっていないとして、足元でユーロ が上昇しているものの、「安心して買っていけるかどうかには疑問が残 る」面もあると付け加えている。

米住宅指標を見極め

一方、今週は19日に12月の住宅着工件数、20日には同月の中古 住宅販売件数が発表される。米ボストン連銀のローゼングレン総裁は 14日、米経済の成長率が今年は年率3.5-4%となると予想し、「民間 支出に支えられる度合いが増す」との認識を示した。ただ、住宅市場 の回復が通常よりも弱くなる可能性が高いため、成長率は4%を超え ることはないと指摘している。

クレディ・スイス証の深谷氏は、基本的に米国のファンダメンタ ルズ(経済の基礎的諸条件)は悪くなく、それほどドルが売り込まれ ることはないものの、米住宅関連指標が弱いと「QE2(量的緩和第 2弾)継続の補強材料」になるとし、指標の結果次第では短期的にド ルの重しとなる可能性があると指摘している。

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが18 日に発表した1月の住宅市場指数は16と、ブルームバーグ・ニュース がまとめた市場予想の中央値17を下回った。同指数は50を下回ると 住宅建設業者の多くが現況を「悪い」とみていることを示す。

- Editor:Masaru Aoki, Joji Mochida

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 三浦和美 Kazumi Miura

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift

+81-3-3201-2078 rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE