中国、ユーロ圏周辺国の債務保有で説明要求-元人民銀委員がFT寄稿

中国は「ユーロ圏周辺国の債務」 で何らかの債務再編があった場合、そうした債務保有が影響を受ける かどうかについての早急な説明を要求すべきだと、中国人民銀行(中 央銀行)の元貨幣政策委員、余永定氏が19日付の英紙フィナンシャ ル・タイムズ(FT)への寄稿文で指摘した。

余氏は、「明確な説明があるか、ユーロ圏が恒久的な解決メカニズ ムを見いだすまで、中国は国債の直接購入を通じたユーロ圏支援を約 束すべきではない。国債の直接購入は失敗した事業に追加資金をつぎ 込むようなリスクを伴う」と記した。

To contact Bloomberg News staff on this story: Paul Panckhurst at ppanckhurst@bloomberg.net

To contact the editor responsible for this story: Paul Panckhurst at ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE