米ニューヨーク市や周辺部で吹雪やみぞれ-通勤の足や空の便に乱れ

米ニューヨーク市や周辺地域では 18日、新雪の上にみぞれが降り通勤の足が乱れたほか、空の便数百便に 影響が出た。

米気象庁(NWS)によると、ニューヨーク市からロングアイラン ドにかけての地域で「夕方の通勤時間帯にかけて引き続き交通の乱れ」 が予想される。19日日中にかけて、みぞれが降る可能性がある。

気温が氷点下から上昇し始めたため、ニューヨーク市に発令されて いた冬季気象注意報は18日の日中に解除された。吹雪注意報はコネテ ィカット州の一部の地域やニューイングランド地方、ニューヨーク州北 部で18日夜か19日朝まで続く見通しだ。

NWSによると、ニューヨーク市とロングアイランドでは1-2イ ンチ(約5.1センチメートル)のみぞれや雪が降ると予想されてい る。

ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社の広報担当者、スティー ブ・コールマン氏は電話インタビューで、ニュージャージー州のニュー アーク国際空港では18日午後2時(日本時間19日午前4時)時点で 同空港を発着する424便が欠航となったことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE