ブラジル株:反発、ヴァーレやエンブラエルが高い-レアルも上昇

18日のブラジル株式市場では、指 標のボベスパ指数が反発。商品相場の値上がりが好感されたほか、昨 年10-12月(第4四半期)の納入の増加を発表した世界4位の航空機 メーカー、エンブラエルも買われた。

金属相場の上昇を受けて、鉄鉱石生産で世界最大手のヴァーレは 2年半ぶりの高値を記録。エンブラエルも2008年9月以来の高値。10 -12月に92機を納入したと発表したことが歓迎された。ロッシ・レ ジデンシアルを中心に住宅建設株も高い。同社は10-12月の住宅成約 額が前年同期比46%増となり、金利が上昇しても売り上げが持ちこた えるとの楽観的な見方が広がった。

マクシマ・アセット・マネジメント(リオデジャネイロ)の運用 担当者、フェリピ・カソチ氏は「鉄鉱石価格の上昇が続いており、そ れがヴァーレの株価を支援している」と指摘。「米ゴールドマン・サッ クス・グループが先週エンブラエルを買い推奨したことで、同社株に 注目が集まった」と述べた。

ボベスパ指数は前日比0.4%高の70919.75.で終了。指数構成銘 柄のうち値上がりは37銘柄、値下がりは31銘柄。BM&Fボベスパ 小型株指数は0.4%高の1433.11。通貨レアルは0.4%高の1ドル=

1.6744レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE