NY原油(18日):下落、IEA報告を嫌気-北米中心に「在庫は十分」

ニューヨーク原油先物相場は下 落。国際エネルギー機関(IEA)が北米を中心に供給は十分にある との見方を示したことが嫌気された。

IEAは11月の在庫が減少したものの、大半の先進国の在庫状 況は「比較的問題ないようだ」と報告。11月の北米在庫は過去5年 の平均を3.2%上回ったと指摘した。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・ キャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は、 「現時点で供給は十分にある」と指摘。「在庫は5年平均を軽く上回 っており、心配な段階ではない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前営 業日比16セント(0.17%)安の1バレル=91.38ドルで終了した。 今月11日以来の安値。年初からはほぼ変わらず。前日はキング牧師 生誕記念日の祝日で休場だった。

原題:Crude Oil Declines as IEA Says Global

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE