欧州債:アイルランド債中心に下落-ドイツが安全網の早期強化に抵抗

欧州債市場ではアイルランド国債 を中心に周辺国の国債相場が下落。ドイツが高債務国向け安全網の早 期強化に抵抗したことから、債務危機が悪化するとの懸念が高まった。

アイルランド10年債利回りは昨年11月以来の大幅上昇。同国の カウエン首相は自らが率いる共和党の議員による信任投票に臨む。ス ペインとポルトガル、ベルギーの国債も下げた。ドイツのショイブレ 財務相が域内救済基金の強化などを決める期限を3月終わりに想定し、 差し迫った行動の必要はないとの見解を示したことが背景にある。

ドイツ国債も軟調。同10年債利回りは9カ月ぶり高水準を付けた。 この日発表されたドイツの景況感指数はエコノミスト予想以上に伸び、 6カ月ぶり高水準となった。

アイルランド10年債利回りはロンドン時間午後4時23分現在、

8.90%。一時は前日比54ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇し、昨年11月10日以降で最大の上げとなった。ドイツ10年債 に対するプレミアム(上乗せ利回り)は578bpと、10日以降の最大 に拡大した。

ベルギー10年債利回りは10bp上昇の4.25%。独10年債との プレミアムは113bpに広がった。スペイン10年債利回りは6bp 上げ5.51%。同国はこの日、12カ月物と18カ月物の国債入札を実 施した。

ドイツ10年債利回りは前日比9bp上昇の3.13%、同2年債利 回りは7bp上げ1.21%。ドイツの欧州経済研究所センター(ZEW) がまとめた1月の期待指数はプラス15.4と、12月のプラス4.3か ら上昇した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト39人 の予想中央値はプラス7だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE