英バークレイズ:罰金と返金で88億円支払いも-ファンド販売めぐり

英銀バークレイズは2つのファ ンドの販売方法が不適切だったことで、罰金と投資家への返金を合わ せ最大6670万ポンド(約88億円)を支払う必要が生じる可能性があ る。

18日の英金融サービス機構(FSA)の発表によると、同行は 770万ポンドの罰金を科された。さらに、最大5900万ポンドを投資 家に返金することが必要となる可能性がある。罰金額はリテール業務 関連で最大。

FSAによれば、バークレイズはアビバのグローバル・バランス ト・インカム・ファンドとグローバル・コーシャス・インカム・ファ ンドが投資家に適した商品であることを確認するのを怠ったほか、 2006年7月-08年11月にかけて営業担当の社員に適切な研修を施 さなかった。

バークレイズは1730人の投資家から、販売手法について苦情を 受けた。問題のファンドに投資した1万2331人のほぼ7人に1人の 割合となる。FSAによれば、これらの投資家は合わせて6億9200 万ポンドを投資していた。バークレイズは既に約1700万ポンドの補 償金を支払っており、2008年6月の段階で販売手法の問題に気付きな がら適切な措置を取ってこなかったとFSAは主張した。

保険・投資担当のマネジングディレクター、ポール・マクナマラ 氏は発表文で、バークレイズはFSAの調査に協力したとし、投資家 に対する配慮が不十分だったことを認めた。

FSAによれば、同行は投資家に配布した販売資料でリスクを明 白に説明し誤解の可能性を皆無とすることを怠っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE