今日の国内市況:株式は小幅高、債券続落-ドルが対ユーロで下落

東京株式相場は小幅高。ユーロ圏 財務相会合のユンケル議長が、ソブリン債危機を食い止めるための措 置は機能しているもようとの認識を示し、欧州財政問題への懸念がや や後退した。前日に大幅安となった中国本土株が落ち着いた動きとな ったことも、市場参加者の心理にプラスに働いた。

業種では、石油輸出国機構(OPEC)による原油需要見通しの 引き上げを受け、鉱業や商社など石油関連株が上昇。市況改善期待な どが広がり、不動産株も高い。韓国で炭素繊維工場を新設する東レを 中心に繊維製品株も上昇。一方、収益下振れ観測の出た鉄鋼株が安く、 医薬品などとともに相場全般の上値を抑えた。

TOPIXの終値は前日比2.85ポイント(0.3%)高の931.58、 日経平均株価は同16円12銭(0.2%)高の1万518円98銭。

ユーロ圏財務相会合のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫 相)は17日、ブリュッセルでのユーロ圏財務相会合後、スペインとポ ルトガルで取られた措置を中心に、ソブリン債危機を食い止めるため にこれまでに取られた施策は機能しているようだと指摘し、「スペイン は財政赤字削減で野心的な措置を取った」と強調した。

米アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が 医療休暇を取得すると同社が17日に発表、米国株先物が下落した影響 などから、この日の日本株はTOPIX、日経平均ともに下げて始ま った。しかし、徐々に値を切り上げて午前中ごろから両指数ともプラ ス圏で推移した。

一方、金融引き締めを警戒した売りで前日に大幅続落した上海総 株価指数が、きょうは前日終値を挟んで落ち着いた動き。

東証1部の売買高は概算で19億6317万株、売買代金は1兆2366 億円。33業種は、鉱業や繊維、不動産、倉庫・運輸、卸売、海運、機 械、銀行など26業種が上昇、下落は鉄鋼や医薬品、証券・商品先物な ど7業種。値上がり銘柄数は943、値下がりは547。

債券は続落

債券相場は続落。長期金利は約1カ月ぶり高水準となる1.23%ま で上昇した。明後日に20年債入札を控えているほか、国内株式相場の 上昇を警戒して売りが優勢だった。この日に実施された5年債入札結 果は応札倍率が上昇するなど順調だったものの、相場を押し上げるに は至らなかった。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の312回債利回 りは、前日比変わらずの1.21%で始まった。その後は、徐々に水準を 切り上げ、午後に入ると2ベーシスポイント(bp)高い1.23%まで上 昇。昨年12月17日以来、約1カ月ぶり高水準を付けた。いったんは

1.215%までやや戻したものの、午後4時20分過ぎからは1.225%で 推移している。

長期金利が午後に1.23%を付けた場面では買いが入ったものの、 金利水準を押し下げる動きは見られなかった。20年債入札を控えてい ることに加えて、景気回復期待を背景に潜在需要が減退しているとの 見方が出ている。

東京先物市場で中心限月3月物は続落。前日比2銭高の139円90 銭で始まり、直後に9銭高まで上昇した。しかし、その後は、日経平 均株価が朝安後に上昇に転じたことを受けて売りが優勢となった。午 後に入ると一段安となり、取引終了前には24銭安まで下落。結局は 13銭安の139円75銭で引けた。

半面、5年債入札結果が順調だったことを好感して、中期債は堅 調。5年物の93回債利回りは前日比1.5bp低い0.495%に低下してい る。前日に入札に対する警戒感から一時0.515%と約1カ月ぶり高水 準を付けていた反動の買いも入ったもよう。

財務省がこの日実施した表面利率(クーポン)0.5%の5年利付国 債(93回債)の入札結果では、最低落札価格が100円02銭、平均落 札価格は100円03銭となった。

最低価格はブルームバーグが事前に調査した100円01銭を上回り、 応札倍率は3.97倍と前回の2.78倍から上昇した。小さいほど好調と されるテール(最低と平均落札の差)は1銭と前回の4銭から縮小し た。

ドルが対ユーロで下落

東京外国為替市場ではドルが下落。朝方は欧州重債務国向けの救 済基金の規模拡大期待の後退などを背景に対ユーロでドル買いが先行 したが、その動きも続かず。欧州市場に向けては、ロシアがスペイン 債の購入再開を検討するとの報道が伝わり、ユーロ買い・ドル売りが 一段と進んだ。

ユーロ・ドルは朝方に1ユーロ=1.3253ドルまでユーロ安・ドル 高に振れた後、午後には1.33ドル台を回復。欧州市場に向けて一時、

1.3367ドルまでユーロ買い・ドル売りが進んだ。

ドル・円相場も1ドル=82円台後半から一時82円44銭までドル が軟化。中国人民元はこの日、対ドルで約17年ぶりの高値に向けて上 昇した。19日の米中首脳会議を前に中国当局が元高を容認するとの観 測が背景で、中国人民銀行(中央銀行)は人民元の中心レートを2005 年の米ドル・ペッグ(連動)制廃止以降の最高値に設定した。

ロシア政府はスペイン国債の購入を再開することを検討している。 スペイン紙パイスがロシアのジューコフ副首相の発言として報じた。 ロシアは2010年にスペインの信用格付けが引き下げられたことを受 け、スペイン債の購入を中止していた。

同紙によると、ジューコフ副首相は、最近のスペインの入札が同 国の経済成長への信頼感を示したことから、ロシア財務省はスペイン 債の買いを再開する理由があると語った。

欧州ではこの日、欧州連合(EU)財務相理事会が開かれる。ユ ーロ圏財務相会合(ユーログループ)は17日、高債務国向けの安全網 の強化を約束するとともに、財政危機の抑制で直ちに行動を求める圧 力には直面していないとの認識を示唆した。

ユーロ・円は朝方に1ユーロ=109円59銭までユーロ安・円高が 進んだが、その後急速に下げ渋り、午後には110円台前半まで値を戻 した。

ブルームバーグ・データによると、午後4時25分現在、ドルは主 要16通貨中、13通貨に対して前日終値から値を切り下げている。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、米連邦・州政府が公 的年金基金の2兆5000億ドル(約206兆円)に上る積み立て不足に対 応するため、資産の売却やサービス支出の削減を迫られる可能性があ ると報じた。ニュージャージー州の年金基金で会長を務めたオリン・ クレーマー氏とのインタビューを引用して伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE