中国:不動産向けの対中直接投資の監視を強化へ-商務省報道官

中国の商務省とその他省庁は、外国 からの同国不動産業界への投資について、監視を改善し、審査を強化す る方針だ。商務省の姚堅報道官が18日の会見で明らかにした。

同報道官によると、2010年の対中直接投資総額である1057億ドルの うち、不動産向けは22.7%を占めたという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE