【個別銘柄】チタン、鉄鋼、エルピダ、不二越、東レ、三菱重、不動産

18日の日本株市場で株価変動材料 の出た銘柄の終値は以下の通り。

チタン2社:大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)が前日比

6.5%高の4570円、東邦チタニウム(5727)は6.1%高の2274円。航 空機業界向けの需要拡大でスポンジチタンの市況上昇期待が高まってお り、業績改善を先取りした動きが優勢となった。18日付の日本経済新 聞朝刊の報道によると、スポンジチタンの2011年の輸出価格は前年比 5%前後高くなったとみられ、一部に10%程度引き上げる動きもある という。

新日本製鉄(5401):1.4%安の293円。11年3月期の連結経常利 益は会社予想を300億円下回る2200億円になりそう、と18日付の日経 新聞朝刊が報道した。資源価格の上昇が要因で、JFEホールディング ス(5411)も同200億円下振れの2000億円にとどまる可能性があると している。JFEHDは1.4%安の2787円。

エルピーダメモリ(6665):1.1%高の1099円。1136円まで上昇 し、10年8月13日以来の高値水準を回復した。1月中にもDRAMを 値上げする方針、と18日付の日経新聞朝刊が報道した。2-3月出荷 分の適用を視野に、パソコンメーカーに10%程度の値上げを要請する としている。

不二越(6474):7.8%高の345円。午後急騰し、一時8.4%高の 347円と52週高値を更新。同社は午前の取引終了後、11年11月期の連 結営業利益は前期比46%増の120億円を見込むと発表した。前期の黒 字転換に続き、業績回復の継続を評価する買いが膨らんだ。

東レ(3402):2.9%高の531円。同社は17日、韓国に炭素繊維を 量産する工場を建設すると発表した。ゴールドマン・サックス証券では 収益に寄与するには時間がかかるが、期待値は高いとし、同日付で今後 12カ月間の目標株価を440円から480円に引き上げた。今後の株価上 昇と新工場の業績貢献を見込む買いが入った。

三菱重工業(7011):4.1%高の332円。米国エネルギー大手、ド ミニオン社の傘下企業から、出力約130万kWの天然ガス焚きガスター ビン・コンバインドサイクル発電設備を受注し、長期メンテナンス契約 も締結したと発表した。

不動産:三菱地所(8802)が3.4%高の1627円など。オフィスビ ルの空室率のピークアウトによる業績改善期待が高まっている。シティ グループ証券は17日、不動産業界の10年10-12月決算プレビューリ ポートで、同決算は空室率のピークアウトや好調なマンション販売を示 す内容になりそうだと指摘し、業界判断の「強気」を強調した。

東洋電機製造(6505):8.9%高の537円。三菱UFJモルガン・ スタンレー証券は17日、中国関連の交通事業をけん引役に業績は拡大 基調にあるとし、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」、目標 株価を400円から600円に引き上げた。

吉野家ホールディングス(9861):1.4%高の10万7400円。4.3% 高の11万500円まで上昇し、09年9月以来の高値を付けた。18日朝の 東京証券取引所の自己株式立会外買付取引で、自己株式13万2858株を 141億円で取得したと発表した。筆頭株主である伊藤忠商事が保有する 全株を売却、議決権比率は21.04%からゼロになった。経営の自由度が 高まるとみられた。

橋梁関連:日本橋梁(5912)が16%高の206円、駒井ハルテック (5915)が11%高の226円。18日付の日本経済新聞朝刊によると、豊 島区は11年度内に橋の修繕計画を策定する見通し。124橋を管理する 練馬区も12年度に修繕計画を策定する予定としており、関連受注の期 待から買いが入った。

セラーテムテクノロジー(4330):5.8%高の2万3800円。11年 6月期の連結業績予想を上方修正、純利益は従来予想比48%増の16億 円の見通しと前日発表した。個人向けフォント管理ソフトや政府向け地 理情報システムビジネスなどが米国で好調なほか、中国でスマートグリ ッド関連事業も順調という。

キユーピー(2809):2%安の1003円。原材料価格の高騰で利益 モメンタム(すう勢)が鈍化するとし、大和証券キャピタル・マーケッ ツは17日、投資判断を「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」 に引き下げた。

イエローハット(9882):12%高の948円。16%高の975円まで上 げ、52週高値を更新した。野村証券は17日、「出店拡大による成長期 待」を踏まえ、投資判断を新規に「1(買い)」、目標株価を1280円 に設定した。

ウェザーニューズ(4825):5.4%高の1729円。発行済み株式総数 の3.85%に相当する43万株を上限に自社株買いを行うと前日に発表。 需給好転への期待や株主還元姿勢を評価する買いが先行した。

スパンクリートコーポレーション(5277):5.0%高の167円。一 時31%高の209円ストップ高(値幅制限いっぱいの買い)を付けた。 発行済み株式数の3.16%に当たる25万株、取得総額4000万円を上限 に自己株式を取得すると前日発表した。需給改善を期待した買いが膨ら んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE