中国株(終了):反発、最近の下げは行き過ぎとの見方-銀行株高い

中国株式相場は反発。前日は上海 総合指数が2カ月ぶりの大幅安となったものの、最近の下落は行き過 ぎとの観測が広がった。

中国最大の上場銀行、中国工商銀行(601398 CH)の主導で銀行株 が高い。酒類メーカーの貴州茅台酒(600519 CH)は4%高、宜賓五糧 液(000858 CH)は2%高。生活関連メーカーは景気減速の影響を受け にくい上、コストの上昇分を転嫁できるとの観測が手掛かり。アジア 最大の石油精製会社、中国石油化工(Sinopec、600028 CH)も 上昇。一方、中国最大の石油会社、ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は下落。

博時基金のファンドマネジャー、王政氏は「大型株の持続可能な 業績の伸びが1-3月期の株式相場を支えることになる」と指摘。「相 場の変動が大きい中では、大型株のバリュエーション(株価評価)の 低さが魅力になる」との見通しを示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比2.32ポイント(0.1%)高の2708.98で取引 を終えた。中国人民銀行(中央銀行)による14日の預金準備率引き上 げ発表を受け、17日は3%安となっていた。上海、深セン両証取のA 株に連動するCSI300指数 は前日比0.1%高の2977.65。生活関連 株が上げを主導した。

--Irene Shen. With assistance from Zhang Shidong. Editors: Allen Wan, Reinie Booysen

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE