スペイン入札、55億ユーロの短期国債発行-利回りは低下

スペイン政府は18日、短期国債の 入札を実施し、12カ月と18カ月物で計55億ユーロ(約6100億円) を発行した。借り入れコストは昨年12月に比べ低下した。スペインは 17日に、20日に予定していた入札の中止を決めていた。

スペイン銀行(中央銀行)によると、45億ユーロの12カ月物の 平均落札利回りは2.947%と昨年12月14日の入札での3.449%から低 下。18カ月物10億ユーロは3.367%(先月は3.721%)だった。政府 は最大で60億ユーロの調達を目指していた。

スペインは2件の国債入札を中止し、銀行団を通じて10年債を販 売することを決めた。利回りは既発債に比べ高く設定した。同国は今 年、短期債を含め1920億ユーロの国債発行を計画しているが、貯蓄銀 行の再編支援が財政悪化につながることを市場は警戒している。

入札後に10年国債のドイツ国債との利回り格差は一時239.3ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)に縮小した。昨年11月には一 時、ユーロ導入来で最大の298bpを付けた。

この日の入札で12カ月物の応札倍率は2.15倍(先月は2.23倍)、 18カ月物は4.11倍(同4.54倍)だった。

-Editors: Jeffrey Donovan , Jennifer Freedman

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム Akiyo Kinoshita 木下 晶代 +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事についての記者への問い合わせ先: Emma Ross-Thomas in Madrid at +34 91 700 9674 or erossthomas@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE