ゴールドマン:フェースブック未公開株、米投資家に販売中止

米ゴールドマン・サックス・グ ループは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大 手、米フェースブックの未公開株を米国の投資家に割り当てるのを中 止した。今回の割り当てについての「過熱した報道」で、私募証券の マーケティングを制限する規定に抵触する恐れがあるためとしている。

ゴールドマンは17日、電子メールを通じ発表した資料で、フェ ースブック未公開株の販売先を米国以外の投資家に限定する予定だと 説明した。今回の割り当てについては2日に初めて報じられた。

ゴールドマンは発表資料で「メディアの関心度合いを踏まえると、 米国内では同国法に沿った形で私募証券の割り当てを適切に行えない のではないかとの結論に至った」と説明。今回の決定は「ゴールドマ ン単独の判断に基づくもので、他の団体などから要求・要請されたも のではない」と付け加えた。

ゴールドマンは最大15億ドル(約1240億円)規模のフェース ブック株を国内外の投資家に販売する準備を進めていた。同社は、米 投資家への販売中止の決定後も、同規模の販売を目指しているかにつ いては明らかにしていない。ゴールドマンの計画に詳しい関係者1人 は計画が未公表であることを理由に匿名で、目標は依然として達成可 能だと述べた。

「賢明な方法」

カリフォルニア州のベンチャーキャピタル(VC)、クレアモン ト・クリーク・ベンチャーズのマネジングディレクター、ランディ・ ホークス氏は「ゴールドマンの米国の顧客は失望するだろう」と指摘 した。

フェースブックの広報担当、ジョナサン・ソー氏は「いかなる質 問もゴールドマンが答えるのが最も適切だ」と述べた。

ゴールドマンがこのまま米投資家への割り当てを進めれば、当局 が後からメディア報道が私募証券に関する規定に違反したと判断する リスクがあった。ゴールドマンの今回の決定に詳しい関係者はそう語 る。割り当て後に違反と判断された場合、フェースブックは自社株を 買い戻すか、公開会社として登録を求められる可能性があったという。

ゴールドマンは発表資料で「今回の決定については残念だが、当 社はこれが最も賢明な方法だと信じる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE