OPEC:11年のOPEC産原油需要予測引き上げ-アジア需要増で

石油輸出国機構(OPEC) は、2011年のOPEC産原油に対する世界の需要見通しを上方修 正した。アジアで需要が急増していることを理由に挙げた。

OPECは17日発表の月報で、今年のOPEC産原油需要が 世界全体で日量2940万バレルと、前年比で40万バレル増えると の見通しを示した。前月予想から日量20万バレル上方修正した。

OPECは「世界経済の回復の規模とスピードが今年の世界原 油需要に大きな影響を与えるだろう。とりわけ中国やインドなど主 要新興国の持続的回復の見通しが、原油相場の方向を左右し続ける 見込みだ」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE