全日空:香港投資会社との合弁LCC、3~4年以内に16機購入へ

売上高でアジア最大の上場航空会 社、全日本空輸は、香港の投資家ビクター・チュー氏率いる投資会社、 ファーストイースタン投資グループと共同で設立する格安航空会社 (LCC)を通じ、今後3、4年で航空機を16機購入する。

同LCCは2012年にも中国本土の都市に就航する可能性があり、 日本から北京、上海、浙江省への路線を検討している。チュー氏は香 港での会議でインタビューに応じた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Wendy Leung in Hong Kong at +852-2977-6903 or wleung12@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave McCombs at +81-3-3201-8861 or dmccombs@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE