マークイットiTraxx日本が連日上昇-CDS取引

17日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、日本の投資適格級発行体で構成するマーク イットiTraxx日本指数が上昇を続けている。個別銘柄の保証コス トの拡大とともに同指数も上昇した。

複数のトレーダーによると、マークイットiTraxx日本指数が 111ベーシスポイント(1bp=0.01%)と112.5bpで取引された。金融情報サ ービスを手掛けるマークイットが提供する前日終値(気配値)と比較し て2.1bp上昇した。日本時間午後5時44分の気配値は113.7/114.8bpをつ けている。個別では、新日鉄の5年物が前週末と同じ70bpで取引が確認 された。

株式市場では、預金準備率の引き上げの発表を受けた中国株の下落 など、中国経済に対する警戒の高まりで前週末から商社や電機機器関連 銘柄が拡大。また、比較的低い保証コストで調達できる日本のCDSへ の需要が高まっているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE