香港株(終了):ハンセン指数、1週間ぶり下落-中国の銀行株が安い

香港株式相場は下落。ハンセン指 数が1週間ぶりの下げとなった。中国の銀行と不動産株が安い。中国 人民銀行(中央銀行)が預金準備率引き上げを発表したことが嫌気さ れた。

時価総額で中国最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は1.3%安。 同2位の中国建設銀行(939 HK)は2.1%安。中国政府系の不動産開 発会社、チャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)は3.7% 安。中国の昨年12月の主要70都市の不動産価格が1年1カ月ぶりの 低い伸びにとどまったのを受けた。中国銀行(3988 HK)や 中国平安保険(2318 HK)も下落した。

一方、時価総額で香港2位の不動産開発会社、チョンコン・ホー ルディングス(長江実業集団、1 HK)は0.7%高。香港の週末の中古 アパート販売の増加が好感された。

ハンセン指数は前週末比126.26ポイント(0.5%)安の24156.97 で引け、今月10日以来の下げに転じた。取引時間中には一時0.3%高 となる場面もあった。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.6%安の

12938.05。

AMPキャピタル・インベスターズのストラテジスト、ネーダー・ ナエイミ氏(シドニー在勤)はブルームバーグテレビジョンのインタ ビューで、「市場のセンチメントが極端な楽観から極端な悲観に様変わ りした」と指摘。「わずかな失望でも調整のきっかけになり得る」と付 け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE