米大統領は財政赤字の解消策で大枠提示を-ロマー氏がNYTに寄稿

ロマー前米大統領経済諮問委員 会(CEA)委員長はオバマ米大統領が一般教書演説で、政府がど のように財政赤字を解消するのか明確に説明すべきだと訴えた。米 紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に寄稿した。

現在カリフォルニア大学バークレー校の経済学教授を務める同 氏は、大統領が2011年中の署名・成立を望み、今後数十年間効力を 持つ具体的な歳出削減案を明らかにする必要があると主張。また、 医療保険制度の抜本的見直しのために策定された法律では、コスト 削減方法の強化で努力する必要があると指摘した。

同氏は「オバマ大統領は予算問題に向き合うかどうかに再選が 左右される可能性があるという事実を受け入れる必要がある」と強 調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE