戴相竜前中国中銀総裁:不胎化で日本モデルに倣うべきだ-MNI

中国人民銀行(中央銀行)の戴相竜 前総裁は、中国は資本流入の不胎化で日本のモデルに倣って財政省によ る短期政府証券の発行を認め、それを通じて人民銀が資本を吸い上げる べきだと語った。通信社マーケット・ニュース・インターナショナル (MNI)が戴氏の週末の発言を伝えた。

それによると戴氏は、不胎化のための手形発行は人民銀のコスト増 につながり、金融政策決定の効果を損なってきたと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE