米ゴールドマンCEO、グルーポンIPO幹事獲得で売り込み-関係者

米ゴールドマン・サックス・グル ープのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は14日、 共同購入クーポンサイト最大手グルーポンのシカゴ本社を訪問し、年 内にも行われる同社の新規株式公開(IPO)での引受幹事ポストの 獲得を目指して売り込みを行った。事情に詳しい関係者1人が明らか にした。

協議は非公開だとして同関係者が匿名を条件に語ったところによ れば、モルガン・スタンレーもグルーポンとIPO幹事ポスト獲得を めぐり協議中。

ブランクファインCEOの訪問は、創業2年の新興インターネッ ト関連企業、グル-ポンに対する関心の高まりを反映したものだ。グ ルーポンは先月、ネット検索最大手グーグルから60億ドル(約5000 億円)の買収案を提示されたが拒否していた。

グルーポンは今週発表した資金調達の中で、企業価値を47億5000 万ドルと算定したと言われている。事情に詳しい複数の関係者によれ ば、同社は現在IPOを検討しており、実現すれば150億ドルの企業 価値が見込まれるという。

グルーポンとゴールドマン、モルガン・スタンレーの広報担当者 はいずれもコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE