ブラジル株(14日):ボベスパ指数は4週連続高、エンブラエル高い

14日のブラジル株式市場では、ブ ラジルの経済成長を追い風に企業収益が拡大するとの観測が広がり、 指標のボベスパ指数は5営業日で4回目の上昇となった。

航空機メーカーで世界4位のエンブラエルは、ゴールドマン・サ ックス・グループの買い推奨銘柄リストに追加されたことから、過去 約2年で最大の値上がりを演じた。通信株が高く、テレ・ノルテ・レ ステ・パルチシパソンエスは続伸。テレ・ノルテの株主がライバル企 業の買収を承認したのが手掛かり。鉄道会社のオール・アメリカ・ラ チーナ・ロジスチカは7営業日ぶりに上昇。洪水による事業への影響 はないと発表したのが好感された。

ボベスパ指数は前日比0.3%高の70940.22で終了。同指数構成銘 柄のうち値上がりは39銘柄、値下がりは28銘柄。今週は1.3%上昇 し、4週連続高を達成。昨年10月以来の長期上昇相場となった。

ネオ・ジェスタン・デ・レクルソスの運用担当者のアウグスト・ ランジェ氏は「ブラジルの経済活動は引き続き良好だ」と述べ、「株価 には上昇余地がある」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE