英国債(14日):週ベースで2週続落-インフレ対策で利上げとの観測

今週の英国債相場は下落し、週間 ベースで2週連続安となった。イングランド銀行(英中央銀行)がイ ンフレ抑制に向け、政策金利を引き上げるとの懸念が広がった。

英政府統計局(ONS)が14日発表した12月の英生産者物価統 計で、出荷価格指数は前月比0.5%上昇。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト15人の予想中央値は0.4%上昇だった。

ロイズTSB・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の債券ス トラテジスト、デービッド・ページ氏は、最新のデータは「英国でイ ンフレ問題が高まりつつあるとの見方をさらに強めたほか、イングラ ンド銀がこれに対応するとの懸念を広めた」と語った。

ロンドン時間午後4時14分現在、10年債利回りは3.61%と、 前日からほぼ変わらず。前週末比では9ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)上昇した。2年債利回りは3bp上げ1.33%。前週 末7日からは10bp上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE