経財相:金融・財政へ過度に依存すべきでない-デフレ脱却

与謝野馨経済財政担当相は14 日夜、菅第2次改造内閣の初閣議後の記者会見で、デフレ脱却への道 筋について、金融・財政政策に過度に依存すべきでなく、技術革新な どを推進することが必要だと語った。また、円相場については、過度 の変動が発生した場合には、政府は何らかの措置を取るべきだとの考 えも示した。

与謝野経財相は、デフレ脱却のためには「金融を緩めるとか短期 的なことだけではなく、日本経済の本質的な力を強くする」ことが必 要だと指摘し、「イノベーション(技術革新)を中心とした考え方に 頭を切り替える必要がある」と語った。

さらに、「単に政府の財政出動による需給の調整とか日銀の金融 政策に過度に依存してデフレを脱却しようということでなくて、日本 経済の底力が本当に発揮できるような経済政策」を取ることが重要と の認識を示した。与謝野氏は自民党政権時代から日銀の政策には穏健 な姿勢を示していた。

一方、為替相場については「閣僚は円のレベルには触れてはいけ ないというのが原則だ」としつつも、「非常にボラティリティが発生 した場合には、政府として何らかの措置を取ることは自然なことだ」 と述べた。

与謝野氏が、これまで民主党の「子ども手当て」について批判的 な発言をしてきたことに関しては「批判したことは事実だ。批判精神 は失っていない」と認め、「子ども手当ては、その政策効果や政策目 標を導入されたときに十分説明されなかった」と批判した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE