NY外為(14日):ドル、週間で9月以来の大幅安

ニューヨーク外国為替市場では、 米国の主な貿易相手国通貨に対してドルが週間ベースで昨年9月以 来の大幅安となった。消費者マインド指数の予想外の低下に加え、小 売売上高が予想ほど伸びなかったことがドル売りを誘った。

ユーロはこの日、対ドルでもみ合い。フィッチ・レーティングス はギリシャの格付けを投機的等級(ジャンク)にまで引き下げた。中 国人民銀行(中央銀行)が市中銀行の預金準備率引き上げを発表した ため、資源輸出国の見通しが暗くなり、豪ドルと南アフリカ・ランド が下げた。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジの主任市場アナリ スト、オマー・エシナー氏は「米ドルをめぐるセンチメントはすでに 暗くなりつつある。以前より明るくはない」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時11分現在、主要6通貨に対するイン ターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は週間で2.4%低下 の79.099。これは米連邦準備制度理事会(FRB)が追加金融緩和 を示唆した昨年9月24日までの週以来の大幅な下げ。

1月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(速報値) は72.7と、前月の74.5から低下した。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミストの予想中央値は75.5だった。

米商務省が14日に発表した12月の小売売上高(速報値)は 季節調整済みで前月比0.6%増となった。前月は0.8%増。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値では

0.8%増だった。

対ドルのユーロ

ユーロはドルに対して前日比ほぼ変わらずの1ユーロ=1.3378 ドル。一時は0.4%下げる場面もあった。10日に4カ月ぶりの安値

1.2867ドルをつけたものの、週間では3.6%高。ドルは対円で前 日比0.1%高の1ドル=82円93銭。週間では0.3%安。

ドイツのショイブレ財務相は13日、欧州連合(EU)財務相が 域内の債務危機に対する「包括案」を3月までにまとめるとの見解を 示した。さらに、来週ブリュッセルで開催される会合で「意欲的な」 プログラムの詳細について協議すると発言した。ドイツのメルケル首 相は12日、「われわれはユーロを支えるために必要ならばいかなる 措置をも支持する」と言明した。

欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は13日、インフレ抑制 のために必要ならば利上げも辞さない姿勢を示した。これも今週のユ ーロの支援材料。

ユーロ圏のインフレが加速

EU統計局(ユーロスタット)が14日発表した12月のユーロ 圏の消費者物価指数は年率2.2%上昇し、前月の1.9%上昇から加 速した。これは2008年10月以来の速いペース。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨戦略世界責任者、マー ク・チャンドラー氏は欧州ソブリン債危機でセンチメントが悪くなり、 ユーロは6月までに対ドルで1.18ドルまで軟化する可能性があると 指摘した。

ユーロは昨年6月に4年ぶりの安値1.1877ドルまで下げた。 ギリシャがEU加盟国初の救済要請に迫られたことが背景。

フィッチ・レーティングスはこの日、ギリシャの長期発行体デフ ォルト格付け(IDR)を外貨建て、自国通貨建てともに「BBB-」 から投機的(ジャンク級)格付けの「BB+」に引き下げた。格付け 見通しは「ネガティブ(弱含み)」に指定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE