台湾中銀:預金準備率を引き上げ、17日から-調達コスト上昇に対応

台湾の中央銀行は14日、市中銀行 の預金準備率を17日から引き上げると発表した。資金調達コストの上 昇に対応する。

台湾中銀がウェブサイトに掲載した声明によると、要求払い預金 の準備率は0.193%から0.203%に、定期預金の準備率は0.934%から

0.986%にそれぞれ引き上げられる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE