中国人民銀:預金準備率を50bp引き上げ-20日から

中国人民銀行(中央銀行)は14 日、市中銀行の預金準備率を引き上げると発表した。外貨準備高が急 増したことや新規融資が目標を超えたことを受け、準備率引き上げを 決めた。

人民銀がウェブサイトに掲載した声明によると、預金準備率は20 日から50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き上げられ る。預金準備率の引き上げは約2カ月間で4回目。

人民銀は昨年12月25日に利上げを発表。翌日実施した。利上げ に続く今回の準備率引き上げはインフレ抑制への当局の強い決意を示 した。中国は昨年、穏健(慎重)な金融政策に転じることを決定。今 年1-6月(上期)に引き締め措置を集中させる可能性があるとJP モルガン・チェースやモルガン・スタンレーは指摘していた。

みずほ証券アジアのエコノミスト、沈建光氏は、「過熱リスクは 本物だ」として、「当局が引き締めればその分、7-12月(下期)に インフレを制御できる公算が高まる」と指摘した。その上で、「利上 げはより重要で強力だ。従って1月に0.25ポイントの利上げで補完 するべきだと考える」と述べた。

バークレイズ・キャピタルのエコノミストらは、この日の準備率 引き上げで3600億元(約4兆5000億円)前後がシステムから引き 揚げられると試算する。みずほの見積もりは約3500億元。

今年200bpの準備率引き上げ予想

大手銀の預金準備率は、公表された以外の個別銀向け引き上げを 除き、19%となる。

HSBCホールディングスの香港在勤エコノミスト、屈宏斌氏は 今年200bpの準備率引き上げの可能性があるとの見方を示していた。 興業銀行の上海在勤エコノミスト、魯政委氏は準備率が23%に達する 公算があるとみている。

昨年11月の中国インフレ率は5.1%と2年4カ月ぶり高水準だ った。2010年末時点の外貨準備は世界最高の2兆8500億ドル(約 236兆円)に増加。10-12月(第4四半期)の増加幅はブルームバ ーグが集計を開始した1996年以来で最大だった。昨年の中国の銀行 の新規融資は7兆9500億元と、当局の目標の7兆5000億元を上回 った。

当局は今年の目標を発表していないが、1月の新規融資を8000 億元未満に抑えることを目指していると、中国紙、経済観察報が報じ ていた。1-7日だけで5000億元を超える銀行融資が実行されたと いう。

-Zheng Lifei , Li Yanping . Editors: Nerys Avery,Chris Anstey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム Akiyo Kinoshita 木下 晶代 +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae、 Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net Zheng Lifei in Beijing at +86-10-6649-7560 or lzheng32@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE