中国のインフレ抑制不調なら新興市場から資金流出も-フォートレス

中国が金融引き締めによりインフ レを抑制しなければ、新興市場からの資金流出を招く恐れがある-。 米資産運用会社フォートレス・インベストメント・グループの世界マ クロファンド共同最高投資責任者、アダム・レビンソン氏はこう指摘 する。

同氏はシンガポールのBNPパリバ・ヘッジファンドセンターが 12日主催した企画に参加し、中国の政策スタンスは緩和的過ぎ、後で 「過酷」な対策を講じざるを得なくなる状況を回避するためにも、今 インフレを抑制するよう一段と積極的になる必要があると述べた。

アジアの各中央銀行は「積極的」な利上げに消極的で、国内経済 への資金流入拡大につながる自国通貨の行き過ぎた上昇を容認してい るとも語った。

米景気拡大が加速するとの見通しから、米ゴールドマン・サック ス・グループや英HSBCホールディングスなどのアナリストは米国 株の指標、S&P500種株価指数の動向予想を上方修正した。中国は 他のアジア諸国・地域に比べ利上げで後れを取っている。

レビンソン氏は、「もし中国が十分積極的なら、インフレ期待を落 ち着かせるはずだ。ゆっくりとした動きにとどまれば、今年は米国株 もしくは先進国株が全般的に最も魅力的な市場になるだろう」と予想。 「新興市場が過熱を容認するようなら、その時点で投資家は新興市場 の売り手に転じたいと思うようになるだろう」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE