ドイツ:12月のインフレ率改定値、約2年ぶり高水準-速報と変わらず

欧州一の経済大国、ドイツでは 昨年12月のインフレ率が約2年ぶりの高水準となった。エネルギ ーコストの上昇を反映した。

ドイツ連邦統計庁が14日発表した12月の独消費者物価指数 (改定値)は、欧州連合(EU)基準で前年同月比1.9%上昇と、 11月の1.6%上昇からインフレが加速した。12月のインフレ率は 2008年10月以来の高水準で、先月29日発表の速報値と変わらず。 前月比では1.2%上昇と、02年12月以来の大幅な伸びとなった。

バイエルン州立銀行のエコノミスト(ミュンヘン在勤)、ゲブハ ルト・シュタドラー氏は、「主にエネルギーコストがインフレをけん 引した。低い気温が間違いなく大きな要因だ。今年3月からは伸び がある程度鈍化するはずだ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE