ゲーツ米国防長官:在日米軍の存在は地域の安定に必要:講演

訪日中のゲーツ米国防長官は14日午 前、慶応大学で講演し、在日米軍の存在は日米同盟の要で、地域の安定 に必要だと強調、沖縄駐留の米軍削減の求めを拒絶した。事前に配布さ れた講演テキストによると、ゲーツ氏は、米国の存在がなければ、北朝 鮮の挑発行動や実際の攻撃が一層ひどくなりかねないと指摘。中国も隣 国に対し、より主張する行動に出る可能性があるとも述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE