ノルウェーの政府系ファンド、英仏でさらなる不動産取得目指す

ノルウェーの政府系ファンド(S WF)、ノルウェー政府年金基金グローバルは、向こう半年間に英国と フランスで不動産取得をさらに進める意向を明らかにした。

グローバル(運用資産5240億ドル=約43兆3000億円)は昨年、 政府から資産の5%(約260億ドル相当)を上限とする不動産投資を 認められた。同基金の最初の公表案件は、ロンドンきっての商業地区 リージェントストリートのビル113棟を含む4億5200万ポンド(約 590億円)の投資だ。英王室の不動産を管理するクラウン・エステー トから同不動産の権益25%を取得する。ノルウェー銀行(中央銀行) によると、取引は4月1日に完了する見込み。

同基金を運用するノルウェー銀行投資運用局(NBIM)の不動 産チーム責任者、カーステン・カレビッグ氏は13日のロンドンでのイ ンタビューで、「英仏両国で積極的な話し合いを行っている」と述べ、 向こう半年間に「恐らくどちらかが有望な」投資先になるとの見方を 示した。

アブダビ投資庁(ADIA)に次ぐ世界第2位の規模であるグロ ーバルは、ノルウェー国内でインフレをあおるのを避けるため国外に 投資している。将来的には米国やアジアでも資産を購入する意向を示 している。政府は同基金の資産配分を株式60%、債券35%とすること を義務付けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE