米グルーポン:年央にもIPO、証券会社と会合-関係者

共同購入クーポンサイト最大手、 米グルーポンは年内の新規株式公開(IPO)を真剣に検討してお り、IPOの主幹事に関心を示す証券会社との会合を開いている。 事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

協議が非公開だとして匿名で語った関係者1人によると、グル ーポンは年央にもIPOを実施する可能性がある。また、関係者1 人によれば、金融アドバイザーはまだ採用しておらず、最大6行か ら選定しているところだという。

グルーポンは数日前に、総額9億5000万ドルの資金調達を発表 したばかり。この調達では企業価値を47億5000万ドル(約3900 億円)と算定したとみられ、ベンチャー投資会社アンドリーセン・ ホロウィッツやグレイロック・パートナーズ、クライナー・パーキ ンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズなどが出資した。IP Oが実施されれば、グルーポンは世界的な事業拡大計画を推進する 資金を得る。

グルーポンのアンドルー・メイソン最高経営責任者(CEO) は先月、インターネット検索エンジン最大手の米グーグルが提示し た60億ドルの買収案を拒否。事情に詳しい関係者1人が明らかにし たもので、同CEOは11年中のIPOを念頭に置いていたという。

グルーポンの広報担当、ジュリー・モスラー氏に取材を試みた が、コメントは得られていない。

グルーポンは向こう2年間に数十億ドル規模のIPOを実施す る可能性のある数少ない新興ネット企業の1つ。米フェースブック も最近資金調達を行い、ゴールドマン・サックス・グループ率いる グループから総額5億ドルを調達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE