中国:11月の景気先行指数、0.5%上昇-7カ月連続で改善

中国では景気先行指数が昨年11 月も上昇し、7カ月連続での改善となった。同国経済が金融引き締め にもかかわらず拡大している状況を示唆している。

米民間調査会社コンファレンス・ボードがウェブサイトに14日掲 載した速報資料によれば、11月の中国景気先行指数は前月比0.5%上 昇の155.4。10月は0.8%上昇に改定された。

コンファレンス・ボード中国センターの北京在勤エコノミスト、 ウィリアム・アダムズ氏は、指数上昇について「2011年1-6月(上 期)を通じ、成長が続くことを示唆する」と説明。「11月の上昇は、 不動産市場の適度な改善が消費者の悲観的な見方を打ち消しつつある ことを反映している」と述べた。

景気の現状認識を反映する一致指数は11月に前月比1.1%上昇 の197.9となった。10月は同0.2%上昇に改定された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE