出光:北海道製油所で原油処理を削減-重油分解装置の再開延期で

出光興産は、不具合で12月4日から 重油分解装置が停止しているため、北海道製油所(苫小牧市・原油処理 量は日量14万バレル)の原油処理量を削減している。同社広報担当の飯 沼牧子氏が14日、明らかにした。

処理量低下による石油製品の生産減は、業者間転売市場(スポット 市場)での購入や他の製油所からの転送で補っており、製品出荷に影響 はないとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE