世界の石油会社:資産7兆7000億円相当を売り出し-昨年上回る

石油会社の資産が930億ドル (約7兆7000億円)売りに出されており、エネルギー業界の合併・買 収(M&A)が昨年のペースを上回る見通しであることが、デリック・ ペトロリアム・サービシズのデータベースで明らかになった。

来週発表される予定のデリックのリポートによると、石油会社が売 りに出した資産は2010年初め時点で460億ドル、09年半ばでは200 億ドルだった。

英BP、米エクソンモービル、ブラジルのOGXペトロリオ・ガ ス・パルチシパソンエスなどが高額資産を売りに出している。

BPは昨年、メキシコ湾原油流出事故の賠償金支払いのために約 220億ドル相当の油田を売却。石油大手各社の資産売却は過去最高とな った。中国など新興市場諸国の国営企業がエネルギー調達源確保に動く 中で、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルや米コノコフィリップスも資産 売却を加速させている。

デリックのマネジング・パートナーでリポートの主任研究員、ヤシ ョディープ・デオダー氏は電話インタビューで、「市場にはまだ大量の 売却物件がある。2010年は活況の年だった。原油価格が安定し続けれ ば、11年も非常に活況な年になりそうだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE