12月の英住宅価格、3カ月連続の下落-アカダメトリクス調査

英国の昨年12月の住宅価格は3カ 月連続で低下した。住宅ローンによる資金調達不足で住宅購入が減っ たのが響いた。調査会社アカダメトリクスとLSLプロパティ・サー ビシズが14日発表した。

両社がロンドンで同日公表したリポートによれば、12月のイング ランドとウェールズの平均住宅価格は22万2827ポンド(約2900万円) と、前月比0.2%下落。2010年通年では2.9%上昇した。これまで上 昇としていた10月と11月の平均住宅価格は、入手した売買データが 増えた結果、下落に修正された。

英住宅市場は、戦後最大の歳出削減見通しと融資条件の厳格化が 需要を押し下げた結果、低迷している。英調査会社ホームトラックは 12日、規制強化などを要因に挙げ、銀行は今年、住宅ローンを拡大し ないとの見通しを示した。

アカダメトリクスのピーター・ウィリアムズ会長はリポートで、 住宅市場について「向こう1、2年は、よくても横ばいの可能性が現 実味を帯びてきた」と指摘した。

アカダメトリクスのリポートによると、12月の住宅売買件数は前 月比5%減の5万3000件となったもよう。前年同月比では33%減。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE