ソロス氏出資のアデコアグロ、米国でIPOを計画-355億円規模

資産家のジョージ・ソロス氏が 出資し、南米で農業関連事業への投資を行うアデコアグロ(ルクセン ブルク)は、食料価格が上昇する中、米国での新規株式公開(IPO) 実施により、最大4億2900万ドル(約355億円)を集める計画だ。

13日の米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、同社は 最大で新株2140万株と発行済み株式714万株を1株当たり13-15 ドルで売却する。同社の主要株主で、ソロス氏率いるソロス・ファン ド・マネジメント傘下のパンパス・ウメダスは約34%の株式を保有し ているが、IPO後の持ち株比率は約21%に低下するという。

届け出によれば、IPOで集めた資金について、2億3000万ド ルをブラジルのサトウキビ加工工場の建設に投入する計画。また、約 1億4500万ドルを「農業ビジネス拡大に向けた農地取得と設備投資」 に充てる可能性があるとしている。

IPOの一環として、6.5%の株式を保有しているカタールの政 府系ファンド(SWF)子会社が、最大1億ドル相当の株式を購入す る公算がある。ブルームバーグがまとめたデータによると、今月27 日にIPO価格が決定される予定。

IPO規模はオーバーアロットメントのオプションが行使されれ ば、4億9290万ドルに達する可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE